CENTRAL GLASS CO., LTD. Glsss Life
Glsss Life

ガラス選びの道は、悩みの解決から

  • 断熱・遮熱・省エネ
  • 防犯
  • 安全・防災
  • 防音(遮音)
  • 防火
  • 結露(健康)

防災安全ガラス

防災安全ガラス

セントラル硝子の防災安全ガラス「ラミレックスシリーズ」

防災安全ガラスなら、万一ガラスが割れても破片が飛び散りにくい飛散防止性・耐貫通性に優れているので、被害を最小限におさえることができます。 防災面でも、安全面でもお役に立ちます。

発生を防ぐことのできない自然災害

地震大国であるわが国には、もはや地震が起こらない地域はないとまで言われており、台風も毎年のように襲来しています。近年では局地的な豪雨や、竜巻などによる被害も増えており、いつどこでどのような自然災害が発生するか全く予想できない状況となっております。
その発生を防ぐことができない自然災害ですが、発生したときに、いかに被害を最小限に止めるかを考えておくことが重要となってきています。

ガラスの危険性

窓ガラスは、雨や風、不快な外気から守ってくれるだけでなく、光を採り入れたり、周囲の景観を楽しんだりと、私たちの居住空間に快適さを与えてくれるものです。
ところが、地震や台風などの災害時に、衝撃や強風、飛来物などでガラスが割れ破片が飛散すると、ケガや事故の原因となります。更には、避難の妨げになったり、甚大な二次災害をもたしたりする可能性もあります。
また、日常の暮らしの中での不慮の事故によって、割れたガラスで思わぬケガを負うことも少なくありません。

ガラスの安全対策

割れたガラスはとても危険なものですが、残念ながら割れないガラスはありません。しかし、割れにくい、割れても破片が飛び散らないなど、防災や安全を考えたガラスがあります。万が一の災害や人災に備えて「防災安全ガラス」を使用すれば、被害を最小限に止めることができるのです。

防災安全ガラスとは

防災安全ガラスとは、合わせガラスの別称です。
合わせガラスは、2枚の板ガラスの間に強靭な中間膜を挟み、熱と圧力処理によって接着したガラスで、ガラス部分が破損してヒビが入ることはあっても、ガラスの破片として飛散・脱落しにくく、また高い耐貫通性を発揮します。
板硝子協会の会員3社は、合わせガラスを「防災安全ガラス」と称し、新たにロゴマークを作成し、その普及に努めております。

■合わせガラスの構造図

避難所には「防災安全ガラス」を

万一、災害が発生した場合には、地域の小中学校や公民館、集会所が避難場所として利用されますが、その避難場所のガラスが破損してしまい、雨や風をしのぐことができない、また飛散したガラスが危険であるため、その施設が利用をできないといったこともあります。

そのような施設に使用されるガラスは、災害発生時の危険性以外に、災害発生後の避難場所としての機能を確保するためにも、割れてもガラスの飛散・脱落・貫通が起こりにくい「防災安全ガラス」の採用をおすすめします。

合わせガラス、フロート板ガラスの破損状況

お客様相談窓口
  • お問い合わせ
  • 販売店情報
建築設計専門家の方へ PROSUPPORT
pagetop